S女王様のプレイ内容

実際、S女王様になるのは本当に大変であり、元々持っている素質みたいなものがないとなかなか優秀なS女王様にはなれないような気もします。
そもそもS女王様のプレイ内容は難しく、たとえば「縛り」、「ムチ」、「ロウソク」、「ハイヒール責め」など、誰かに教わらない限りすぐにできるようなプレイでは決してないのです。

 

そして、Sプレイを提供する時の基本的な考え方として、「必ず射精するとは限らない」ということです。
もちろん、責められ続けてそれに満足して終了というパターンもあります。
時にはお情けでフィニッシュする場合もありますが、その場合も顔面騎乗をしたり、その状態で聖水をかけて、男性自らが自分で自慰行為をするというパターンが多いのです。
一般のヘルスのように、フェラチオや手コキでフィニッシュするかどうかはお店によってルールが決まっている場合もあれば、女性に全部任せている場合もあります。
基本的には男性がフィニッシュしたらプレイは終了です。

 

上記のようなプレイは基本中の基本であり、さらに本格的なプレイというのも出てきます。
まず、「浣腸プレイ」というのがり、この「浣腸プレイ」とは肛門内に液体を注入して強制的に便意を起こさせ、一気に排出させるプレイのことです。
元々は、アナルプレイを清潔に行うために予め肛門と腸を綺麗にすることが目的だったのですが、今ではそれ自体がプレイとなりました。
これもSプレイになりますので、男性を強制的に縛って強制的に肛門からお湯を注入して、一気に排出させるのです。

 

次に「ペニスバンド」による責めというのがあり、ペニスを締め付ける器具、睾丸を締め付ける器具、睾丸クラッシャーもこういった器具の一つになります。
締め付けられている側の男性は本当に痛みがありますので、その様子を見ながら圧迫を加減して責めてあげるのです。
他には「聖水プレイ」というのがあり、この聖水とはおしっこのことで、男性の顔や体におしっこをかけてあげます。この「聖水プレイ」に関しては、「SMクラブ」だけでなくほかの業種の風俗店でも用意されていることが多いです。

 

結局のところ、本格的なS女王様になる道のりは険しいといっていいでしょう。
ですので、Mの人が何に喜びを感じるかを知るには、まず自分がMを体験するのが1番の近道かもしれません。
S女王様を目指すならMプレイを一通り体験するのは避けては通れない道でもあり、縛り付けられて、浣腸をされて、男性の聖水をさすがにかけられなくてもいいと思いますが、それ以外は一通り体験しておくとS側になってサービスを提供する時に役立つはずなのです。

S女王様は大変

SMプレイに興味がある女性は決して少なくはありません。
そういったこともあり、今では「ソフトSM」で働き始める女性も増えているのです。
ですが、実際SM初心者の人はM専門店やSとMが両方あるお店が良いとされています。
一般的に、いきなりSの女王様になるのは難しいとされており、一言でいえば大変ということなのです。
Sの女王様というのは、ただMの男性に罵声を浴びせながらムチでお客様のケツを叩けばいいだけのお仕事ではありません。
たとえば、S専門店の「SMクラブ」は生粋のM男ばかりがお客様として来ます。
通常の「SMクラブ」ではなくS専門店のSサービスを求めていますから、ちょっと難易度が高くなってくるのです。

 

その難易度の高いプレイの一つに、「睾丸クラッシャー」というものが存在してきます。
男性の睾丸を潰す為の「睾丸クラッシャー」というSM用の器具があります。
男性の手足を縛り、「睾丸クラッシャー」で睾丸を潰して痛みつけてムチでおもいきり叩きながら汚い言葉で罵声を言わなくてはならない時もあるのです。
想像するだけで痛々しい光景を自分で演出しなければならないのがS女王様の宿命だったりするのです。
もちろん、そういった光景を演出することを楽しそうと感じる女性なら問題なくS女王様への道を駆け上がることができるでしょう。
多くのお客様はそんなサービスを求めてお店にやってきていますし、はっきりいって誰も傷つくことはないのです。

 

また、適性があってもS女王様として地位や収入を確立していく為には、それなりに努力が必要になります。
S専門店にはすでにS女王様が在籍していて、コアなM男達はしっかりとその女性たちに調教されていますから、入店してすぐにS女王として稼げるようになる訳ではありません。
先輩女性やお店のスタッフに色々と教えてもらいながら、自分で実践してMの男性が心から喜ぶサービスを提供できるようになるまでにどうしても時間がかかってしまうのです。
そういった意味で、多くの女性にとってS女王様になるのはかなり大変という意味なのです。

 

そこで、S女王様のプレイ内容というものに「縛り」というものがあります。
ロープで両手両足を縛るのは序の口であり、縛り上げた状態で宙吊りにしたり、手足だけでなく男性器をロープで縛り上げたりもします。
後、「ムチ」や「ロウソク」というのもあり、男性に罵声を浴びせながらムチで叩き、同時にロウソクも垂らすのです。
最後に、「ハイヒール責め」というのがあります。
男性に寝てもらい、顔や乳首、腹、足、男性器などをハイヒールの尖った部分でグリグリと刺激しながらイジメ倒すのです。

オプションが多い

風俗店の業種に「SMクラブ」というものがあります。
今さらSMついての説明はいらないと思いますが、「SMクラブ」自体に興味を持つ女性は少なくはないと思われます。しかしやはりSMと聞いただけで少し敷居が高いようにも感じられ、働くこと自体難しいと考えるのも当然の話でもあります。
ですが、本格的なSMを楽しむお店というのはそこまで多くはなく、ほとんどのお店が「ソフトSM」といわれる気軽なスタイルで営業しているお店が多いのです。
そういったこともあり、今では「ソフトSM」で働く女性も増えていってます。
この「ソフトSM」にはオプションもたくさん存在しており、このオプションをOKにできるものが多ければ多いほど収入に大きく左右されてくるのです。
具体的にオプションを挙げてみますと、ロープ縛り、ローソク、聖水、バラ鞭、ストッキング破り、マザコンプレイ、首輪、手枷、首輪付きチェーン手枷、などなどかなりのオプションが存在しているのです。
ちなみに、「SMクラブ」で使われるローソクは専用の低温ロウソクであり、通常のロウソクよりは熱くないのですが全く熱くない訳ではありません。
オプションの種類や数はお店によって様々ですが、できるオプションの数が多いほど稼ぎやすくなるのです。
とはいえ、オプションを全部する必要は全くありません。
自分のできる範囲内のプレイで稼ぐというお店がほとんどですので、未経験の女性はお手軽なオプションから初めてみるのがいいでしょう。
また、「SMクラブ」にはS専門店やM専門店があり、お店によって提供するサービスが異なりますので、自分に合ったお店選びが特に大切なのです。
そして、通常のヘルスに遊びに来るお客様よりも、「SMクラブ」を中心に遊ぶお客様のほうがリピートする回数が多い傾向にあります。
やはり、提供するサービスが特殊ですので、その分ハマってしまうお客様はずっと「SMクラブ」を利用してしまうのです。
肝心のお店選びなのですが、S専門店、M専門店、SとMの両方を提供するお店の大きく3種類になってきます。
未経験の女性ならM専門店かSとMの両方を提供するお店で働き始めるのがお勧めで、S専門店よりは求められるお仕事が簡単ですので、SMに興味があれば誰でも始めることができるのです。
また、簡単な言葉攻めができれば誰でもS嬢への入門は問題ありませんが、Sの女王様になるには正直いえば結構大変でもあるのです。。

メリットとデメリット

現在の日本にはかなりの数の風俗店が存在しています。
風俗と一言でいっても、業種も様々な風俗店が存在しているのです。
ただ性的サービスを提供するだけのオーソドックスな風俗店から、少し曲がった性癖を満たしてあげるようなマニアックな風俗店まで、今の日本にはたくさんの風俗店が毎日どこかで営業しています。
その少しマニアックな部類に入る風俗店に、「SMクラブ」というものがあります。
この「SMクラブ」というのは、一般のヘルスよりもサービスが少し特殊ですので、その分お客様が支払う料金も少し高めに設定されています。
その分、働く女性のバック単価も高くなりますので、「SMクラブ」のお仕事は風俗嬢なら一度は興味を持ったこともあるはず。
とはいえ、そこは風俗になりますのでもちろんメリットやデメリットというのはあるはずです。
では、「SMクラブ」で働くメリットにはどういったことがあるのでしょうか。
具体的に挙げてみますと、「一般的なヘルスよりも高めにバックが設定されているから稼ぎやすい」、「難しいイメージを持たれがちだが、近年はソフトSMが主流で未経験の女性でも気軽にスタートできる」、「サービスが特殊なので固定客が付きやすく、リピートしてもらえる回数も高い傾向にある」、といったところになってきます。
では、逆にデメリットの部分を挙げてみます。
「しっかりと技術を身につけるには少し時間がかかる」、「サービスが特殊なので、女性自身がSMプレイにハマってしまう可能性がある」、といったところになるでしょう。
それでも「SMクラブ」で働きたいと考える女性も少なくはありません。
やはり「SMクラブ」と聞いて、もの凄くダーティーで手の届かないイメージを持つ女性も少なくもないはずです。
過激なサービスが怖い、厳しいというイメージを持たれていたり、特殊な性癖のある女性でないと務まらないお仕事と思われているかもしれません。
実際のところ難易度の高いプレイばかりをイメージしがちな「SMクラブ」ですが、実はそんなことはないのです。
最近では、全般的に「ソフトSM」にお店が増えています。
近年の「SMクラブ」は、「ソフトSM」を提供するお店が半数以上なのです。
昔ながらのハードな調教系SMプレイを楽しめるお店は一部のお店だけで、多くのお店が「ソフトSM」をサービスの中心としています。
「ソフトSM」がサービスの中心ですから、SMが全くの未経験でも問題なくお仕事をスタートできるのです。
「ソフトSM」のサービスに慣れてきて、もっと深いSMを知りたい女性などはハードなSMプレイを提供するお店に移ったりもしているのです。
ですので、少しM程度だからというだけで「SMクラブ」で働くことをあきらめている人もいると思いますが、初めはこういった「ソフトSM」のお店から慣れていけばいいのではないかと思われます。