S女王様は大変

SMプレイに興味がある女性は決して少なくはありません。
そういったこともあり、今では「ソフトSM」で働き始める女性も増えているのです。
ですが、実際SM初心者の人はM専門店やSとMが両方あるお店が良いとされています。
一般的に、いきなりSの女王様になるのは難しいとされており、一言でいえば大変ということなのです。
Sの女王様というのは、ただMの男性に罵声を浴びせながらムチでお客様のケツを叩けばいいだけのお仕事ではありません。
たとえば、S専門店の「SMクラブ」は生粋のM男ばかりがお客様として来ます。
通常の「SMクラブ」ではなくS専門店のSサービスを求めていますから、ちょっと難易度が高くなってくるのです。

 

その難易度の高いプレイの一つに、「睾丸クラッシャー」というものが存在してきます。
男性の睾丸を潰す為の「睾丸クラッシャー」というSM用の器具があります。
男性の手足を縛り、「睾丸クラッシャー」で睾丸を潰して痛みつけてムチでおもいきり叩きながら汚い言葉で罵声を言わなくてはならない時もあるのです。
想像するだけで痛々しい光景を自分で演出しなければならないのがS女王様の宿命だったりするのです。
もちろん、そういった光景を演出することを楽しそうと感じる女性なら問題なくS女王様への道を駆け上がることができるでしょう。
多くのお客様はそんなサービスを求めてお店にやってきていますし、はっきりいって誰も傷つくことはないのです。

 

また、適性があってもS女王様として地位や収入を確立していく為には、それなりに努力が必要になります。
S専門店にはすでにS女王様が在籍していて、コアなM男達はしっかりとその女性たちに調教されていますから、入店してすぐにS女王として稼げるようになる訳ではありません。
先輩女性やお店のスタッフに色々と教えてもらいながら、自分で実践してMの男性が心から喜ぶサービスを提供できるようになるまでにどうしても時間がかかってしまうのです。
そういった意味で、多くの女性にとってS女王様になるのはかなり大変という意味なのです。

 

そこで、S女王様のプレイ内容というものに「縛り」というものがあります。
ロープで両手両足を縛るのは序の口であり、縛り上げた状態で宙吊りにしたり、手足だけでなく男性器をロープで縛り上げたりもします。
後、「ムチ」や「ロウソク」というのもあり、男性に罵声を浴びせながらムチで叩き、同時にロウソクも垂らすのです。
最後に、「ハイヒール責め」というのがあります。
男性に寝てもらい、顔や乳首、腹、足、男性器などをハイヒールの尖った部分でグリグリと刺激しながらイジメ倒すのです。