メリットとデメリット

現在の日本にはかなりの数の風俗店が存在しています。
風俗と一言でいっても、業種も様々な風俗店が存在しているのです。
ただ性的サービスを提供するだけのオーソドックスな風俗店から、少し曲がった性癖を満たしてあげるようなマニアックな風俗店まで、今の日本にはたくさんの風俗店が毎日どこかで営業しています。
その少しマニアックな部類に入る風俗店に、「SMクラブ」というものがあります。
この「SMクラブ」というのは、一般のヘルスよりもサービスが少し特殊ですので、その分お客様が支払う料金も少し高めに設定されています。
その分、働く女性のバック単価も高くなりますので、「SMクラブ」のお仕事は風俗嬢なら一度は興味を持ったこともあるはず。
とはいえ、そこは風俗になりますのでもちろんメリットやデメリットというのはあるはずです。
では、「SMクラブ」で働くメリットにはどういったことがあるのでしょうか。
具体的に挙げてみますと、「一般的なヘルスよりも高めにバックが設定されているから稼ぎやすい」、「難しいイメージを持たれがちだが、近年はソフトSMが主流で未経験の女性でも気軽にスタートできる」、「サービスが特殊なので固定客が付きやすく、リピートしてもらえる回数も高い傾向にある」、といったところになってきます。
では、逆にデメリットの部分を挙げてみます。
「しっかりと技術を身につけるには少し時間がかかる」、「サービスが特殊なので、女性自身がSMプレイにハマってしまう可能性がある」、といったところになるでしょう。
それでも「SMクラブ」で働きたいと考える女性も少なくはありません。
やはり「SMクラブ」と聞いて、もの凄くダーティーで手の届かないイメージを持つ女性も少なくもないはずです。
過激なサービスが怖い、厳しいというイメージを持たれていたり、特殊な性癖のある女性でないと務まらないお仕事と思われているかもしれません。
実際のところ難易度の高いプレイばかりをイメージしがちな「SMクラブ」ですが、実はそんなことはないのです。
最近では、全般的に「ソフトSM」にお店が増えています。
近年の「SMクラブ」は、「ソフトSM」を提供するお店が半数以上なのです。
昔ながらのハードな調教系SMプレイを楽しめるお店は一部のお店だけで、多くのお店が「ソフトSM」をサービスの中心としています。
「ソフトSM」がサービスの中心ですから、SMが全くの未経験でも問題なくお仕事をスタートできるのです。
「ソフトSM」のサービスに慣れてきて、もっと深いSMを知りたい女性などはハードなSMプレイを提供するお店に移ったりもしているのです。
ですので、少しM程度だからというだけで「SMクラブ」で働くことをあきらめている人もいると思いますが、初めはこういった「ソフトSM」のお店から慣れていけばいいのではないかと思われます。